ブログ

実は怖い呼吸の浅さ

体幹を作るためには呼吸の取り方として、お腹と腰を膨らませていくように呼吸をとりますとお話ししました。
内容はこちら→【https://aikya-yoga.net/20240327/体幹を使うための呼吸法/

呼吸には姿勢と深い関係性があります。
なぜかというと、姿勢は空気圧によって支えられているため、正しい姿勢をとらなければ上手く身体を支えることが出来ません。
本来は息を吸うと360度方向にお腹が膨らみ肋骨も動いていきますので腰の方まで膨らみます。
前回【https://aikya-yoga.net/20240327/体幹を使うための呼吸法/】で、腹腔から圧をかけて呼吸をしていく練習をお伝えしていきましたが、その圧が身体を支える強さをつけていきます。

しかし、実際に呼吸をしてみると、多くの方がお腹と腰を膨らます事の前に、お腹すら膨らみづらかったり、肩を上下させた呼吸になってしまいます。

このような状態は上手く身体に圧をかけて支える事が出来ていない姿勢となっていて、腰痛やぽっこりお腹の原因である反り腰、猫背の傾向が多くなっています。


姿勢の理想は頭部、背中、お尻が壁についているのが理想になります。


図にある、理想の姿勢以外3つの姿勢は壁から頭が離れてしまったり、腰が大きく離れていたりしています。

ということは、呼吸が浅いとどうなるでしょうか?
呼吸が浅いと、身体に圧が上手く入らりません。
また背骨は自律神経と繋がっており背骨を通して情報を伝えていますが、背骨が曲がっていると交感神経に刺激がかかり、常に緊張モードになります。
そうなる事で消化吸収機能の低下、免疫力低下、睡眠の質の低下など、身体はどんどん弱っていきます。

普段何気なくしている呼吸ですが、深い呼吸は体幹を作り、身体の免疫力を上げるとても重要なものになります。

呼吸はただ長いだけ、なんとなく深くしているつもり、では△ですよ。
呼吸をしっかり見直していきましょう^^

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。